サービスの範囲

我々の監査分野のサービスは、年度末会計監査、連結会計監査、特別監査、経営監査と多彩であり、首尾一貫して監査をお客様のニーズに合わせております。我々の高い能力と専門性は、国内及び海外の監査業務の効率性と費用対効果を保証します。

年度末決算

決算会計監査その他報告書の監査は、我々の多彩なサービスの中でも税務コンサルティングと並ぶ主要サービスです。我々の中核となる専門能力は、年度末会計監査や連結会計監査の過程で得た財務情報を評価することにあります。監査結果を客観的に判断することは、全ての意思決定者にとって情報の信頼性を高めることになります。お客様は、我々の客観的判断及び我が社の社員の専門的能力と完全性を信頼していただけます。

我々のサービスの多様性

  • 商法典(HGB)、国際会計基準(IAS)及び米国会計基準(US-GAAP)に従った年度末会計監査と連結会計監査
  • 関連会社報告書監査
  • 証券会計監査
  • 証券取引所上場に関連した監査
  • 事業報告書の監査
  • 財務計画の信頼性の監査
  • 監査役会役員の報告書作成に関する評価
  • 除外決算監査
  • 年度末決算及び中間決算の監査的見通し

特別監査

従来からの年度末会計監査及び連結会計監査とは別に、監査関連の法規則により必要となる監査を、「特別監査」というキーワードの下で実施される監査と解釈します。特別監査には、許容範囲を超えた過小評価の為実施する特別監査、資本会社設立監査、現物出資に関連した含有価値調査、組織変更監査、及び合併監査などがあります。

再建案の監査、支払不能の危険にさらされている企業の支払不履行や債務超過に関する監査、公的振興プログラムの範囲の共同利用監査、内容説明書監査を、任意特別監査として実施します。

鑑定

経営鑑定分野のサービスとして、あらゆる機会からあらゆる機能において国際的標準で実施する企業評価があります。更に、再建案、合法的及び非合法的事例の損害調査、デューデリジェンス調査、不動産評価、営業妨害の損害などを鑑定します。