税法

そもそもドイツの税法はかなり複雑であり、経済活動において複数国の税法が適用されるとなると更に分かりにくいものです。

回答

我社の専門家は、国内外どんな税金に関する質問にもお答えします。我々は、お客様の会社のニーズに合った最適な税金計画の可能性を提示し、頻繁に変更する法律の枠組みに適応させます。

税務計画コンサルティング

解決方法

あらゆる規模、法律上のあらゆる形態の会社にとって、また個人にとっても、専門的能力をもった包括的な税金コンサルティングは欠くことのできないものです。国内外の税法が複雑で絶え間なく改正されるため、問題が発生すると代案的解決策の可能性を確認し評価しなくてはなりません。

戦略的計画

ドイツを経済拠点にすると税負担が大きいため、企業の決定事項は主に税効果に左右されます。戦略的税金計画は税負担を軽減するだけではなく、財務力を強化できます。

戦略

我々は、お客様が現行の法律条件の下で最適な税金計画を立て税負担を最小限に抑える戦略を開発し実施するお手伝いを致します。アイディアを開発し成果が検証できる革新的解決策を作ります。

税務代行

企業税調査のような場合には、お客様の権利と利益の擁護を支援します。税務当局の法的救済手続きや財政裁判所・連邦財務裁判所の手続き、税制違反・租税違反・脱税調査が理由で行われる手続きにおいて、お客様の代行を致します。

一般的税務コンサルティング

コンサルティング

我々は、全種類の税金のどんな問題についてもお答えできる専門知識を持っております。納税申告書作成や納税告知書検査の他、徴税貸借表、所得・剰余金計算書及び徴税補足貸借表の作成など、全範囲の税金管理業務を引き受けます。

財務簿記

お客様の会計業務、給与計算、それに付随する税金や社会保険の届け出をお引き受け致します。

効率

最適価格で効率的且つ迅速にご依頼に対応することは、我社の特徴の一つです。

国際的税務コンサルティング

課題

拡大するグローバル化により、ドイツ企業は税金の観点でも新たな課題に直面しています。国境を越えてビジネスを展開する多国籍大企業または中堅企業は、その国の税法のみならず海外の税法も考慮したコンサルティングを必要としています。同様の事がドイツに子会社や支店を持つ外国企業にも当てはまります。

従来からの海外税金コンサルティングの他に、国境を越えた売上金課税、社員派遣(国外勤務)関連所得税コンサルティング、個人のお客様の国際コンサルティング、関税計画などでご支援致します。

移転価格

多国籍企業の移転価格コンサルティングを致します。比較データを収集、文書化し、最適な方法を選択し、さまざまな国の間の移転価格を調整します。それにより、国境を越えた配送やサービス関連の二重課税リスクが回避され、税務署から異議を唱えられることのないように防御できます。

後継者コンサルティング

専門能力

お客様の有利になるよう納税額を最小限に抑えた後継者規定を作成することは、この分野における我々のコンサルティング専門能力の一部に過ぎません。我々は更にお客様に合った費用削減となる民法規定を模索します。後継者不在の場合、会社売却、従業員出資、証券取引所上場などでお手伝い致します。

売上税コンサルティング

EU

ドイツの売上税は欧州連合(EU)法基盤に基づいているため、それに結びついた規定は非常に複雑です。統一的EU法基盤でありながら、EU各国の売上税法はまだしばらく統一されることはありません。

助言

それ故に、国内外で営業する企業への売上税コンサルティングは、一般的な税務コンサルティングの一部ではなく、専門家の課題となっています。関税法や消費税に関する問題についても喜んでご支援致します。

租税刑法

発端

租税刑法上の調査手続きは、ますます効率的になってきています。脱税調査官の人数が増え、データ加工が効率的になり、国内外の監督官庁が密接に協力して仕事をするようになったため、納税義務者が訴訟手続きに巻き込まれるリスクが高くなりました。適時の予防的コンサルティングによりこれに対抗することができます。たとえば企業会計査察、相続財産、会社間対立などで発見リスクがある場合、我社の専門家は決定的事実を租税刑法的視点からじっくりと調べます。場合によっては、意図的に計画に組み入れる修正自己申告の対策をとることもあり得ます。

公益団体へのコンサルティング

発端

公益団体における取引や契約が税務上ますます重要視されています。我々は資金調達、資金の用途、所得税・売上税の計画、並びに納税義務が発生する経済活動の問題においてもご支援致します。

駐在員サービス – 従業員海外派遣

海外

グローバル化の拡大に伴い一定の期間海外に派遣される従業員の人数も増加傾向にあります。本国及び派遣先の国で、従業員だけではなく企業にとっても税法上及び社会保険法上不利となる結果をもたらす可能性があります。

申請

派遣期間の海外租税負担を見積もり、ドイツでの租税負担との比較を行います。場合により、必要となる社会保険庁への申請の準備をします。

派遣契約

また、海外派遣契約作成のお手伝いも致します。その際、特に次の2点が重要となります。

  1. 国内租税法及び適用する二重課税協定において企業と従業員の課税額を最小限にする。
  2. 国内及び海外の社会保険法の規則をもとにして最小限の費用となる従業員の社会保障。

納税申告

二重居住、多国勤務、複数国源泉所得の場合、必要となる納税申告を作成し、その際国内外の利点を取り入れます。